タクシーのスピードについて

タクシーのスピードについて考えた際に、他の公共機関に比べて割高であることからもある程度の自由であったり制約を受けにくいことが考えられる。バスや電車などに比べてタクシーのスピードは他の駅やバス停に寄らない分だけ早くなるこことは歴然としている。その他にもバス停や駅に寄らないことにより信号等に引っ掛かりにくいことが上げれる。実際にバスや電車であれば各駅やバス停に停車する時間は約1、2分です。それらが何個あるかによってその駅、バス停に停車する分ロスが起こる。バスに至っては人が走って乗り込んだりするのを待ったり、人が居ない停留所であっても寄ったり、乗りそうで乗らないお客のために停車したりと様々なロスを生むこととなり、時間が経過しスピードは遅くなる。ましてや大型の車両であるケースが多数あるので発進などにも車線変更にも時間を費やすこととなる。その点タクシーはまずは普通車であるし、車線変更も容易に可能ですし、何より目的地へ向かって信号停車を除いてはほとんどロスすることはありません。乗車してから運転手さんに目的地を伝えてしまえば乗り過ごすこともなく計算できる速度によって移動できる手段としては一番と言える。

タクシーにスピードを求める

タクシーは使い方を間違わなければ、かなり使える交通手段のひとつです。まず、時間が無い時は、かなり便利で、電車やバスなどのように、駅などで待つ必要が無く、行きたい所へすぐ行ける手段の一つでもあるのです。そのスピードは電車の待ち時間などを考えると、とても魅力的なものです。タクシーは安全運転をしてくれるドライバーさんが多く、プロのドライバーさんが運転しているため、スピードも法定速度をきちんと守って走っているのでとても安心できます。特にこれから高齢者の方々が増えて行くなかで、タクシーは今まで以上に利用されるようになって行く事でしょう。都会もそうですが、一人暮らしをしている高齢者の方々が、多く住んでいる地域では、利用している方を多く見る事ができます。電話一本で家の前まで来てくれ、そして行きたい場所まで連れてってくれるのには大変魅力を感じます。行きたい場所にすぐ行けるという事は、かなり魅力的であり、スピード的にも駅やバス停まで行く事を考えるととても早く時間の節約になると思われます。現在、全国各地で多くのドライバーさん達が活躍しています。これからの高齢者社会に最も必要になってくるのではないでしょうか。