既卒者の就活と難しさ

大学、高校を卒業したら、就職して社会人になるのが日本では一般的です。既卒で就職までに間があると企業への就職が難しいのが現状です。学校を卒業した直後ですと、学校推薦、教授からの推薦があったりして学校の保障があるのですが、既卒になると単なるアルバイターです。就活してもすぐに正社員になることはありません。試用期間があったりしてその期間で問題がないと契約社員となり、正社員となるのです。学校を卒業した後ですとすぐに正社員になることができます。一旦、会社を辞めたりして、無職の期間があると日本では正社員になることは簡単ではありません。アメリカのように人材が流動的ではないからです。企業も既卒社員を採用するについては無職の期間がなぜあったかを問いただします。ですので、なるべくでしたら無職の期間がないように就活することをおすすめします。

既卒の就活を支援してくれる

アベノミクスのおかげで景気と雇用が回復してきたとはいえ新卒の就職活動の状況はかなり二極化しています。内定が取れる学生とそうではない学生に別れて、学内でも早々と内定を取る学生と卒業過ぎても内定が出ない学生の差がくっきりと出ます。卒業してしまうと就職活動においては既卒扱いになってしまいます。もちろん新卒に比べると不利なところはありますが、最近では既卒の就活をしっかりと支援してくれるサイトがありますので、あきらめずにそちらに頼ってみると言うのも良いやり方だと思います。新卒には負けない強みが絶対にあると思いますし、きっと自分の良さをわかってくれる会社を見つけ出すことができます。こうした世間的には少々不利でも既卒を支援してくれる就活サービスを活用すればするほど、早いこと良い結果へ導いてくれる可能性は非常に高いと言えます。

既卒の就活は計画が大事

就活は誰もが同じ方法を取ればいいのというわけではありません。誰もが皆同じ行動を取ってしまえばそれはまったく意味のないことになります。私が今気にしているのは既卒の就活です。新卒とは違うため同じ切り口で面接などを活動を取っても意味を成しません。ここでは既卒という立場を活かすことで面接を切り抜ける方法を紹介します。まず一番最初に重要なことは焦らないことです。自分だけ内定が決まっていないことを焦る必要はありません。むしろ自分のペースで進んでいると自分に言い聞かせることが重要です。私も時期外れで内定を頂いたので気持ちはよくわかりますが、まずはゆっくりと慎重に将来を見据えて様々なことを考えるべきです。そうすることで余計な緊張もすることもなく面接や試験に挑むことができます。このように自分のことは自分で決めることがカギとなります。

面接対策や自己PRは難しいと考えている方にコツ・アドバイスをいたします。学歴を気にして悩んでいるなら、その時間を営業カレッジで使いませんか!株式会社ジェイックはキャリアサポート事業、人材紹介事業、教育事業を行っており若者の就職にまつわる事業を展開しております。コンプレックスやお悩みお聞かせください、これからのことを一緒に考えていきましょう!既卒の就活に役立つサイトはこちら